観光地

メリケンパークは、神戸の中心地・元町より、徒歩10分程度のところにある海に突き出した緑地公園で、神戸のランドマークである神戸ポートタワーにも隣接し、その景色の美しさから絶好のデートスポットとして人気のある場所です。メリケンパークから水際の遊歩道で徒歩7~8分で、ショッピングやグルメ、アミューズメントと多彩な施設が集中する神戸ハーバーランドがあります。ファストファッションや大型店、話題のグルメなど200店舗以上が集まります。海に隣接する開放的な空間でゆったり食事やティータイムを楽しんだり、緑あふれる運河沿いの遊歩道でお散歩を楽しんだりと、一日中楽しめます。

明石海峡大橋は、神戸と淡路島を結ぶ、橋長3,911m、中央支間長1,991m、主塔の高さは海上から298.3mある世界最長のつり橋です。橋げたには展望施設「舞子海上プロムナード」があり、海面から47mの高さにある遊歩道より、付近の海水浴場やヨットハーバーなどの広がる美しい海岸線から、大阪湾や瀬戸内海まで一望できます。

1868年に神戸港開港後、多くの外国人が住居を構えた地区で、現在も西洋式建築物が多く残されています。現在17か所が一般公開されています。神戸の中心地・三宮から北へ10分~15分程度の近さにあり、おしゃれな雑貨店やカフェ、国際色豊かなレストランも楽しむことができます。

神戸の夜景は、長崎、函館とともに、「日本三大夜景」の一つとして知られており、特に六甲山上から見渡す夜景は「1000万ドルの夜景」と称されています。神戸の夜景の特徴は、西は明石海峡から東は大阪平野にいたるまでの大パノラマの景観と宝石箱をひっくり返したようなきらびやかさとその圧倒的な光量です。神戸には数多くの夜景スポットが存在しますが、代表的なスポットをいくつか紹介します。

新幹線新神戸駅から徒歩5分にある神戸布引ロープウェイで揺られること10分のところに、神戸布引ハーブ園があります。約200種75,000株のハーブや花が四季折々楽しませてくれます。また、約30種の「美と健康」をテーマにしたハーブ料理をブッフェスタイルで味わうレストランや神戸観光のお土産やハーブやアロマのアイテムが揃うショップのほか、自家製スイーツやハーブティーが楽しめるカフェ、神戸の絶景を見渡すガーデンテラスでは「ハーブの足湯」でくつろぎの時間をお過ごしいただけます。

新幹線新神戸駅より、山側に徒歩約10分のところに「日本の滝百選」にも選ばれている布引の滝があります。「布引の滝」は雄滝(おんたき)・雌滝(めんたき)・夫婦滝(めおとだき)・鼓ヶ滝(つつみがだき)の4つの滝の総称で、高さ43mある雄滝(おんたき)は名瀑です。都心から大変近く、特に新緑や紅葉の季節の美しさは格別です。

横浜、長崎と並ぶ日本三大チャイナタウンの一つで、1868年の神戸港開港頃がはじまりとされています。東西約270m、南北約110mの狭いエリアに中華食材、雑貨、飲食店など100店舗以上が集まり、屋台での中華料理のファーストフードから本格的な中華料理まで楽しむことができます。また、南京町では、中国と同様に、旧暦の元日(春節)に合わせて春節祭を、旧暦8月15日(十五夜)には中秋節を祝うイベントが毎年開催されています。