神戸観光の紹介

神戸は、日本国内でも最も有名な観光都市の一つで、年間3000万人以上の観光客が訪れています。異国情緒あふれる美しい街なみ、「1000万ドルの夜景」と称される夜景、緑鮮やかな六甲山系、明石海峡大橋を望む須磨海岸といった景観の美しさはもちろん、日本三古泉の一つである有馬温泉、国内最大の日本酒の生産量を誇る灘の酒蔵、神戸ビーフや神戸スイーツに代表される数々のグルメ、旧居留地やハーバーランドなどでのショッピング、など数多くの観光スポットがコンパクトにまとまり、快適に観光を楽しむことができます。

また、近郊には外国人の方に人気のある観光スポットである京都や大阪、奈良や姫路城があり、神戸は地理的にこれらの観光地の中心にあります。公共交通機関や車でもそれぞれ1時間程度でアクセスすることができ、神戸を起点に多種多様な観光を楽しんでいただけます。

A KOBE TRIP
「她的选择in神户」※全4話
ストーリー
中国からクルーズ客船で神戸にやって来た女優・屈菁菁を、日本のイケメン俳優(松島庄太・吉村卓也)が、神戸の街を案内しながら、なんとか彼女のハートをつかもうとするが・・・。主演は、映画「老男孩之猛龙过江」にも主演した屈菁菁。
神戸観光8選
その他のおすすめ

神戸から東にかけての沿岸地域は、「灘五郷」と呼ばれる日本一の酒どころで、今津郷・西宮郷・魚崎郷・御影郷・西郷と、阪神間の海岸線に沿って点在し、全国の日本酒の約30%が生産されています。そのうちの三郷(魚崎郷・御影郷・西郷)が神戸市内にあります。六甲山の花崗岩を通り抜けてきた硬度の高いミネラル水「宮水」、酒造好適米の代表格である「山田錦」と酒造りのすぐれた技術者(杜氏)に恵まれ、最高の日本酒を味わうことができます。各酒造会社による酒造記念館では、酒造りの工程が紹介されているほか、出来立ての生酒の試飲や各社の特色ある日本酒が販売されています。

新幹線新神戸駅から徒歩5分にある神戸布引ロープウェイで揺られること10分のところに、神戸布引ハーブ園があります。約200種75,000株のハーブや花が四季折々楽しませてくれます。また、約30種の「美と健康」をテーマにしたハーブ料理をブッフェスタイルで味わうレストランや神戸観光のお土産やハーブやアロマのアイテムが揃うショップのほか、自家製スイーツやハーブティーが楽しめるカフェ、神戸の絶景を見渡すガーデンテラスでは「ハーブの足湯」でくつろぎの時間をお過ごしいただけます。

神戸は人口1万人当たりの洋菓子の店舗数が日本国内でトップを誇るスイーツのまちです。全国規模のナショナルブランドから、まちの洋菓子店まで多種多様なスイーツの店に出会うことができます。神戸の洋菓子文化は、1868年の神戸開港以降、神戸がヨーロッパ航路の玄関口であったため、ヨーロッパ各国の洋菓子文化が根付きやすかったのではないかと言われています。大正時代(1912-1926)以降、チョコレート、クッキー、ケーキなどの洋菓子は、自国の味や技術を広めようとしたヨーロッパなどからの海外の洋菓子職人や、洋菓子作りに魅せられた日本人によって創意工夫が重ねられ、神戸独自の味を生み出しています。見た目も美しくかわいらしく、散策の合間などに、ぜひご賞味ください。

神戸の玄関口・各線三宮駅から徒歩2分。三宮エリアの繁華街をほぼ東西に横断する、全長約550mの全天候型のアーケードを取り入れた大型ショッピングプロムナード。高くて広いアーケードが特徴的な開放感あふれる通りには、ファッション、家電、ドラッグストア、雑貨、インテリア、グルメなど個性的なショップがずらりと並び、ありとあらゆるジャンルのお買い物が楽しめます。

春:3月下旬から4月上旬にかけて、神戸のまちは桜のピンク色に染まります。春に訪れた際には、ぜひお花見も楽しんでください。